坐骨神経痛について

坐骨神経痛は有名ではありますが、基本的には病名ではありません。お尻から下半身にかけての痛みやしびれなどが発生している状態であれば、すべての人が該当してきます。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状は人によって若干の違いがあり、痛みの表現にも大きな違いがあることがあります。基本的にお尻から片方の足で症状が発生することが多いのですが、両足にしびれなどが発生するようなことも少なくないです。

長時間立っていると痛みを感じやすくなったり、腰を反らすことで痛みやしびれなどを感じる人も存在します。また足には症状がなくて座っているとお尻に強い痛みがでて、長時間座っていることができないようなケースも珍しくないです。

坐骨神経痛の原因

原因にはいろいろなことが考えられますが、知られている原因としては加齢があります。50歳以上の中高年になると坐骨神経痛を発症する人が増えてきますが、若い人でも発症することはあります。

腰椎椎間板ヘルニアを発症している人は坐骨神経痛になっていることも多く、肉体労働などをやっている若年層に多い原因になってきます。

坐骨神経痛は当院にお任せください

坐骨神経はお尻の筋肉から足のほうまで繋がっている末梢神経になりますから、坐骨神経が痛むとお尻から下半身の広範囲が痛いと感じる可能性が高いです。

少しでも思いあたる節がある方は、てて整骨院多摩ニュータウン店にご相談ください。

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map