ぎっくり腰について

ぎっくり腰(急性腰痛)は、身体機能の低下が原因で起こることが多いです。姿勢の悪さや筋肉の衰え、柔軟性の低下などによって発症するケースがほとんどだと言えます。

ぎっくり腰の原因

運動不足や加齢、悪い習慣によって身体機能が低下すると、普段の動作に身体が対応しきれないというトラブルが生じ、腰回りの筋肉や筋膜、関節などを傷めることになるでしょう。

ぎっくり腰になりやすい動作には、重いものを持ち上げる、椅子から立ち上がる、腰を回すなどがあげられます。何気なく過ごしていて、突然なってしまうことが多いものがぎっくり腰だと理解しておきましょう。

ぎっくり腰の症状

症状は激しい痛みが主なものです。海外では痛みの激しさから魔女の一撃と呼ばれるほどであり、発症してすぐに動けなくなってしまう人も多くいます。

その場から動く事が困難になり、しばらく安静にしなければならないケースが非常に多いです。動ける場合でもかなり強い痛みを覚え、様々なタイミングで苦痛だと感じることになるでしょう。

ぎっくり腰の痛みは当院にお任せください

人によってはすぐに症状が出ないこともあり、最初は違和感程度だったのに時間が経つと強く症状が出たというケースもあります。症状が軽くても放置せず、当院へお越しください。

咳やくしゃみといった刺激でも痛んでしまう場合が多く完治まで時間がかかることもありますが、お客様に寄り添ったヒアリングと施術で症状の改善へと導きます。辛い痛みは我慢せず、てて整骨院多摩ニュータウン店にご相談ください!

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map