足底筋膜炎について

圧迫と牽引を繰り返す事が原因で足底筋膜炎になります。足を着地させるときには圧迫力、地面を蹴って歩き出したり走り出したりするときには牽引力がかかりますが、これを何度も繰り返すと足底筋膜炎になりやすいです。

足底筋膜炎の原因

具体的な要因には運動中に走ったりジャンプしたりする事、長い時間かけて歩く事、長時間にわたる立ち仕事などがあげられるでしょう。

足底筋膜炎の症状

動き出そうとしたときに痛みを感じる事が多く、歩いていると症状が和らぐ事も多いです。朝一番や夕方に症状を経験する事が多いですが、階段を使ったり爪先立ちになったりするとき、運動時にも痛むケースが少なくありません。

スポーツ中は常に痛みがありそうだと勘違いする人もいますが、開始時や長時間足を使っているときに症状が感じられるケースがほとんどで、途中は痛まないという人が多いです。

足底筋膜炎は当院にお任せください

固い地面で運動する事で負荷がかかりやすくなったり、肥満である事や足の形の変形が理由で発症しやすくなったりします。

辛い痛みは我慢せず、てて整骨院多摩ニュータウン店にご相談ください。

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map