捻挫について

関節は軟骨や骨を定位置に止める靭帯に、腱や関節包が組み合わさり出来ています。ですが、外力が加わる等のトラブルで伸ばされてしまったり、傷が出来てしまう場合があります。

すると、その部分が損傷による痛みで上手く動かせなくなります。これが、捻って挫いたという事で「捻挫」と呼ばれる怪我です。

捻挫の原因

捻挫は衝撃や捻れといった無理な負荷がかかる事が原因で起こります。本来の可動域を超えて腕や足首が曲がってしまったり、無理な方向に強い力がかかった際などに靭帯が損傷して捻挫となる事が一般的です。

転倒やスポーツ中の衝撃で捻挫になる方が多いと言えます。転んだ際に変な方向に手足が曲がった、スポーツ中に他者と接触した、ジャンプや切り返しの動作が上手くいかなかったなどのタイミングで経験しがちです。

捻挫の症状

症状は程度や部位によって異なっており、軽度のものであれば痛みや腫れ程度で済みます。痛むものの歩ける、腕を使える事がほとんどです。中程度の症状となると、疼くような痛みとひどい腫れが起こります。軽度の場合よりも患部の範囲が広くなるでしょう。

重度になると靭帯が完璧に切れてしまっている為、激しく痛んだり驚くような腫れや皮下出血を目撃したりします。関節の不安定さも招き、痛みから体重をかけられなくなります。

足の場合は歩行、腕の場合は物を掴んだり取ったりする動作が困難になるはずです。程度がひどくなるほど放置すると治りが悪くなったり、治る過程で問題が発生したりします。同じ場所を何度も捻挫するようになってしまう人もいます。

捻挫は当院にお任せください

捻挫は放置すると、治りが悪くなるだけでなく日常生活にも支障をきたします。辛い痛みは我慢せず、てて整骨院多摩ニュータウン店にご相談ください。

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map