五十肩・四十肩について

50代や40代になった時に多くの方が肩に痛みや不調を覚えるようになるため呼ばれている五十肩・四十肩は、肩にある関節の広い範囲が炎症を起こしている状態です。

五十肩・四十肩の原因

肩の関節は人体の中でも特に大きく、大きな関節であるからこそ備わっている靭帯も大きいです。靭帯の範囲に炎症が発症すれば五十肩・四十肩となります。靭帯に炎症が起こると、組織が元よりも厚くなってしまうので痛みと共に動かしにくい状態になる原因となります。

五十肩・四十肩の症状

五十肩・四十肩は人によって見舞われる症状の度合いが異なるのも特徴で、初期段階から強い痛みを伴い可動範囲が顕著に狭くなる方もいれば、痛みはあまり強くないもののとても長い年月にわたり変調に悩まされる方もいます。

重症化すると腕が上げられなくなるだけでなく、洗濯物を干すなどの日常生活の何気ない動作も難しくなります。

五十肩・四十肩でお悩みの方は
当院にお任せください

五十肩・四十肩で、痛みや動かしにくさを感じているとあまり動かさないようにする傾向がありますが、動かさない機会が増えるほどに可動域はますます狭くなってしまいます。

腕が上がらなくなってしまう前に、肩の違和感や痛みに気付いたらすぐに当院へご相談ください。ヒアリングを施術前と後にしっかりと行い、患者様の痛みや不調がどこから来ているのかを判断し、症状の改善へと導きます。

辛い痛みは我慢せず、てて整骨院多摩ニュータウン店にご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております!

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map