腱鞘炎(デッケルバン)について

腱鞘炎(デッケルバン)は親指の使い過ぎが原因で起こる炎症です。親指の曲げ伸ばしに伴って、腱と腱鞘の間に炎症が起こる事があります。

使い過ぎなければ炎症が起こる事はありませんが、長い時間手を使った作業を行っていると腱鞘炎(デッケルバン)になる可能性が高まるので要注意です。

腱鞘炎(デッケルバン)の原因

原因となる行動にはスマートフォンの長時間使用やキーボード入力のし過ぎ、編み物や針仕事のし過ぎなどがあります。

親指に負担がかかるようなスポーツや楽器の演奏でも腱鞘炎(デッケルバン)になる事がある為、こうした行動が多い人は発症リスクが高くなりがちです。

腱鞘炎(デッケルバン)の症状

症状には腫れや痛みがあります。腱鞘炎(デッケルバン)は親指の酷使で発症しますが、痛みが発生する箇所は親指ではなく手首である事が一般的です。

ぐるっと手首1周ではなく、親指側の手首だけに経験します。ここが腫れたり痛んだりし、何もしていなくても痛む事もあれば手を使っている最中に強く痛む場合もあります。

腱鞘炎(デッケルバン)は当院にお任せください

当院ではヒアリングを施術前と後にしっかりと行い、患者様の痛みや不調がどこから来ているのかを判断し、症状の改善へと導きます。

辛い痛みは我慢せず、てて整骨院多摩ニュータウン店にご相談ください。

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map